スポンサードリンク
   


髪の乾燥対策、50代の女性の髪のうるおいを守る


50代のアラフィフ女性には 髪を染めていたり、パーマをかけたりして
髪にうるおいのないダメージヘアの女性が多く見られます。
ただでさえ、髪を酷使しているのに、
今の季節は空気の乾燥も強く、髪が受けるダメージは想像以上のものですね。
髪の乾燥対策が必要となります。

もともとパサついた髪をしていたのではないはず。
紫外線、乾燥、ストレス、毛染めにパーマー、そして加齢。
髪が傷み 水分を保持できなくなって 髪がぱさついてきているのですね。

髪の乾燥対策、50代の女性の髪のうるおいを守る

最近は 若い時からおしゃれ染めとしてカラーをする習慣があるので
早くからパサつき髪ができあがっていることも
ダメージ髪が定着してしまっている理由ともいえます。

50代の女性の髪に潤いを取り戻すにはどうしたらよいでしょうか。
パサつき髪は キューティクルがはがれて内部の潤いが流出してしまっている状態。
髪は一度傷んでしまうと 自らの力では修復できないので
メンテナンスをしてあげなければなりません。
面倒でも髪の乾燥対策、毎日の髪のケアをし、
もう一度うるおいのある髪を取り戻しましょう。
できればアミノ酸系のシャンプーで 髪だけでなく頭皮もきちんと洗いましょう。
そのあとは トリートメントで毛先を重点的に保護し、
そのあと全体にトリートメントがいきわたるように使うといいですね。
コラーゲン配合のものがあると なおよいと思います。

髪が長くても短くても、毛先までしっかりとまとまる
うるおいのある髪は誰から見ても魅力的です。
乾燥した髪パサつき髪は実年齢よりも上に見えるだけでなく
疲れた女性にも見えてマイナス要素ばかりですね。
髪の乾燥対策を考えて、魅力ある50代女性のうるおい髪を目指しましょう!
posted by 50代のヘアスタイル at | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク