スポンサードリンク
   


50代のヘアアレンジ、簡単まとめ髪を教えて!


50代の女性に多いミディアムやセミロングの髪型の場合、
ヘアアレンジとしてアップにするのは至難の業。
簡単ヘアアレンジでまとめ髪ができると
夏の暑い時期も快適に過ごすことができます。
ヘアアレンジするといっても 若い世代のように
ヘアピンいっぱいのおだんごヘアーにしても
年齢とのミスマッチがイタイ女性になってしまいがちです。
ムーミン谷のミーのようなヘアスタイルは
50代の女性にはハードルが高いですね。



実は最近、ヘアアレンジのためのクリップやピンが沢山あります。
とてもうまくできていて、上手に使いこなせると
簡単にヘアアレンジもできるらしいですよ。
50代の女性にはちょっと難易度が高いへアレンジも
腕がつりそうになっても、簡単便利なグッズを使えば
ワンランク上のヘアスタイルが楽しめそうです。
ちょっとルーズにアップにしたりアレンジしたりするのが
今っぽくってオシャレです。
全ての髪をアップするのもよし、ハーフアップもよし、
とヘアアレンジの幅が広がりそうです。

あわせて読まれているユニークなサイトはこちらです
 情報モリモリ!なんでもお調べよろずやブログ

襟足に少し髪を残す、ルーズ感のあるハーフアップならば
逆に髪が落ちてきても 気にすることはありません。
他に シュシュを使って、ねじってサイドにまとめるだけのアップは
とても簡単なヘアアレンジですね。
編みこみが得意ならば、髪型のバリエーションが増えます。

50代の女性に多いミディアムの長さなのば、
髪がキレイにアップにできない可能性が高いのですが
それが逆に大人の雰囲気がでてよい髪型になります。
50代女性、大人のヘアアレンジ簡単オシャレにしたいですね。
posted by 50代のヘアスタイル at | ヘアスタイル・髪型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の乾燥対策、50代の女性の髪のうるおいを守る


50代のアラフィフ女性には 髪を染めていたり、パーマをかけたりして
髪にうるおいのないダメージヘアの女性が多く見られます。
ただでさえ、髪を酷使しているのに、
今の季節は空気の乾燥も強く、髪が受けるダメージは想像以上のものですね。
髪の乾燥対策が必要となります。

もともとパサついた髪をしていたのではないはず。
紫外線、乾燥、ストレス、毛染めにパーマー、そして加齢。
髪が傷み 水分を保持できなくなって 髪がぱさついてきているのですね。

髪の乾燥対策、50代の女性の髪のうるおいを守る

最近は 若い時からおしゃれ染めとしてカラーをする習慣があるので
早くからパサつき髪ができあがっていることも
ダメージ髪が定着してしまっている理由ともいえます。

50代の女性の髪に潤いを取り戻すにはどうしたらよいでしょうか。
パサつき髪は キューティクルがはがれて内部の潤いが流出してしまっている状態。
髪は一度傷んでしまうと 自らの力では修復できないので
メンテナンスをしてあげなければなりません。
面倒でも髪の乾燥対策、毎日の髪のケアをし、
もう一度うるおいのある髪を取り戻しましょう。
できればアミノ酸系のシャンプーで 髪だけでなく頭皮もきちんと洗いましょう。
そのあとは トリートメントで毛先を重点的に保護し、
そのあと全体にトリートメントがいきわたるように使うといいですね。
コラーゲン配合のものがあると なおよいと思います。

髪が長くても短くても、毛先までしっかりとまとまる
うるおいのある髪は誰から見ても魅力的です。
乾燥した髪パサつき髪は実年齢よりも上に見えるだけでなく
疲れた女性にも見えてマイナス要素ばかりですね。
髪の乾燥対策を考えて、魅力ある50代女性のうるおい髪を目指しましょう!
posted by 50代のヘアスタイル at | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単なまとめ髪ですっきり夏のヘアー


夏になると髪を簡単にまとめられたらな、って思いませんか。
首筋や顔にかかる髪が鬱陶しいなぁ、と感じたことがあるはずです。
とはいってもショートカットにするわけにもいかず・・・
逆にショートヘアのほうがアレンジができなくて 暑かったりすることもあります。
夏になれば 髪をまとめてすっきりしてしまう、これが一番の方法のように思うのですが
このまとめ髪、綺麗に上手にできないと なんだか生活に疲れたおばさんになりかねません。
ただゴムで後ろでくくっているだけ、とかクリップなんかであげているだけ、
なんていうことになっていませんか。



夏のヘアーアレンジとして簡単に髪をまとめられたら
女性らしさ、50代のちょっとしたこなれたおしゃれがアップすると思うのです。
最近は髪を簡単にまとめるためにいろんな小物、
お助けグッズが販売されているので そちらを利用するのもよいですね。
でも、髪をくくるゴムひとつでちょっとしたアレンジも実はできるので
今は便利なインターネットをちょっと調べてみると
動画サイトはもちろん、写真付きの説明も沢山アップされています。
他にはまとめ髪を特集している本を購入することもひとつですね。
50代の女性が似合う、大人の雰囲気のヘアカタログも豊富です。
夏に似合う、ちょっと冒険した小物を探して、髪を綺麗に簡単にまとめ髪にしてみてください。
顔の印象も変わり、おしゃれも楽しくなります。
何より、簡単まとめ髪で若々しくイキイキと見えること間違いなしです。
posted by 50代のヘアスタイル at | ヘアスタイル・髪型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の乾燥はいやです。原因と対策を考えました。


顔や手の乾燥は細かくメンテナンスするのに、
どうしても後回しになるのが髪の乾燥です。
パサパサと乾燥した髪は生活に疲れた感があったりして、
老けて見える可能性が大!そんなこと絶対にNGですね。
ブラッシング.jpg
少し前までは髪の乾燥といえば冬のものと思っていましたが
今は一年中通して空気が乾燥しているので
髪の乾燥の悩みも一年を通したものとなります。

どうして髪は乾燥してぱさぱさになるのでしょうか。
原因の一つに髪の乾かし方に問題があるといわれています。
洗って濡れている髪を自然乾燥でキチンと乾かすことができていないか、
ドライヤーで乾燥しすぎている、といういことが原因に考えられます。
髪はもともと傷みやすい性質があるので
シャンプーから乾燥させるまで細心の注意を払って取り扱ってあげることがポイントです。



他に考えられる原因として髪だけでなく頭皮そのものの乾燥です。
シャンプー選びや髪の洗い方も慎重に、これをきっかけに見直してみるとよいですね。
シャンプーをするときはしっかり髪を濡らして
予備洗いをすれば 髪の汚れの8割くらいは落ちるといわれています。
これで無駄なシャンプーの量を使ったり、
ゴシゴシ洗って髪を傷めることも少なくなるはずです。
シャンプーの量が少なくなれば、すすぎが悪くシャンプーが髪に残り
頭皮までも傷めるということもなくなりますね。

このページを読む女性は次のページもあわせてよく読んでいます
賀来千香子さんのボブカットは人気ヘアスタイルです
髪にブラッシングをしていますか?ブラッシングのあれこれ。
50代の人気ヘアスタイル、いつまでも美しく!

髪の乾燥で一番に考えられる原因は強い日差し。
肌の紫外線対策は気にかけていても
髪や頭皮の紫外線対策は忘れがち。
でも、頭皮や髪の日焼けは髪の乾燥の大きな原因となります。
日傘や帽子を使っての紫外線対策はもちろんのこと、
外出前には洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使って
頭皮や髪の保護を心がけましょう。
乾燥していないツヤのある髪はマイナス5歳髪
髪が乾燥していると疲れた感があって実年齢より上に見えたりもします。
いかがですか、50代からの髪のお手入れを見直してみませんか。
posted by 50代のヘアスタイル at | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おしゃれな50代女性の若返りヘアスタイル


50代の女性ヘアスタイルにずいぶんと悩むようです。
理由は 今までと同じ髪型をしていても、
自分の顔やスタイルに似合わなくなってきたから、とか
髪に艶やコシがなくなってきたから、とか、
あとは薄毛、白髪が増えて、ごまかそうと思えば思うほど、
老けたヘアスタイル、老けた容姿になってしまう、など
どれもこれも、悲しい現実をつきつけられているような理由ばかりです。
若い世代の流行ヘアスタイルばかり追いかけて イタイ髪型にならないように
それでいて、大人の雰囲気を保ったままおしゃれな髪型ができないものでしょうか。


よく観察してみると
今は50代前後のアラフィフ世代の女優さんや歌手、有名人がとても活躍しています。
それもとてもきれいにおしゃれに。
松田聖子さん、君島十和子さん、浅野温子さんや萬田久子さん、
もうあげだしたらキリがありません。
どの女性もアラフィフだという印象すらありませんね。
そんな有名人たち、美しくおしゃれな女性たちを参考にして
おしゃれな50代女性のヘアスタイルを考えましょう。

もちろん、ファッション雑誌、ヘアカタログなど、
それにインターネットの画像を参考にすることもできます。
あとは信頼おける美容師さんに相談することがベストですね。

50代になった、アラフィフ世代になった、なんて
自分から老けこんでいませんか。
ヘアスタイルひとつで気分も容姿も若返ることができます。
元気イッパイの おしゃれな50代女性のヘアスタイル
貴女に似合う髪型を見つけましょう。
posted by 50代のヘアスタイル at | ヘアスタイル・髪型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク